歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る~歯周病~

  • ホーム >
  • 歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る

日本人が歯を失う原因の1位は「歯周病」です

日本人が歯を失う原因の1位は「歯周病」です

歯周病は成人の約80%がかかっている、もしくは予備軍であるというデータがあり、日本人が歯を失う原因の第1位でもある病気です。早期発見・早期治療が非常に重要ですが、痛みなどの自覚症状がないため、発見が遅れて重症化しやすいという特徴があります。こちらでは、三島駅・下土狩駅から車で3~5分の歯医者「MI総合歯科クリニック」が行う歯周病治療についてご紹介します。

歯周病の進行と治療法

歯周病は進行の段階によって治療内容が異なります。ここでは、ご自身で簡単にできる「歯周病チェック」と、段階ごとの歯周病治療の方法についてご紹介します。

自分でできる歯周病チェック!

歯周病の症状が出ていないかを以下でチェックしてみましょう。合計数によって結果が表示されますので、現在のお口の状態についてご確認いただけます。実際には、ご来院をいただき綿密な検査を行ってから進行段階をお伝えしますが、まずは一度ご自身で確かめてみましょう。

朝起きたときに口の中がネバネバする
ブラッシングをすると歯ぐきから出血がみられる
歯と歯の間に物が詰まりやすくなった
口臭が気になる
硬い物を咬むと歯に痛みが走る
歯ぐきから血が出ている
歯ぐきが腫れて、赤・紫色になっている
歯ぐきが下がった気がする(歯が長くなった気がする)
歯ぐきにむずかゆさがある
歯ぐきから膿が出始めた
指や舌で歯を触るとグラグラ動く
0個 問題ありません

歯ぐきはとても健康な状態です。この状態を維持できるよう、日々のデンタルケアを怠らないようにしましょう。

>>当院の予防処置

当院の歯周病治療メニュー

当院で行っている歯周病治療のメニューをご紹介します。初期段階であれば外科的な処置も不要ですので、早めにご来院いただき治療をお受けになることをオススメいたします。

初期段階の歯周病治療
スケーリング スケーリング
スケーリング
ご自宅でのブラッシングだけでは落としきれない歯石を、スケーラーという専門器具を使用して除去します。
中等度の歯周病治療
ルートプレーニング ルートプレーニング
ルートプレーニング
キュレットと呼ばれる専門器具を使用し、スケーリングでも落としきれない歯周ポケットの奥深くにある歯石を取り除きます。処置後は表面をつるつるに仕上げ、汚れやプラークの再付着を防止します。
重度の歯周病治療
フラップ手術 フラップ手術
フラップ手術
局部麻酔を施した後、歯ぐきを切開して顎の骨から剥離させ、歯根にこびりついたプラークや歯石、また歯周病菌に感染した組織の除去を行います。場合によって、歯肉の移植や歯の平坦化などを実施する場合もあります。
エムドゲイン法 エムドゲイン法
エムドゲイン法
溶けてしまった顎の骨、歯根膜などの組織再生を目的とした療法のひとつです。エムドゲインと呼ばれる薬剤を歯根の表面に塗布し、歯が生えてくる時と同様の状況を再現。歯肉の侵入を防ぎながら、歯周組織再生を促進します。
GTR法 GTR法
GTR法
エムドゲイン法と同様、歯周組織再生を目指した治療法のひとつです。歯ぐきを切開して歯石を除去した後、そこに生まれたスペースへ「メンブレン」という特殊な膜を挿入。歯肉が侵入することを防ぎながら、骨や歯根膜などの歯周組織が再生するのを待ちます。エムドゲイン法と併用することが多いです。
歯周病は治療後のメインテナンスが重要

歯周病は再発する可能性の高い病気です。そのため、治療後にはしっかりとメインテナンスを行うことが重要。当院の予防処置にお越しいただければ、歯周病の再発だけでなく、虫歯といったそのほかの口腔内トラブルを防ぐことができます。治療が終わった後の健康なお口の状態を維持するために、ぜひご活用ください。

歯周病と併発すると危険なブラキシズムとは

ブラキシズム(歯ぎしりなど)は、症状を放置しておくと歯周組織を破壊し、歯周病を併発する恐れがあります。これは炎症によって溶かされた歯周組織がブラキシズムによって揺さぶられ、そこにすき間ができることが原因です。歯周病を予防するためには、ブラキシズムについても注意する必要があります。

ブラキシズムだけじゃない? 咬み合わせと歯周病の関係について

ブラキシズムだけでなく、咬み合わせも歯周病を発症させる原因のひとつになりえます。咬み合わせの悪さのせいで負担がかかっている歯に歯周病が加わると、進行が早くなってしまうことが原因です。ブラキシズム同様、不正咬合についても同時に治療することが好ましいと言えます。


診療予約はこちらから