抜けた歯を補いたい~インプラント・入れ歯~

歯を失うとさまざまなリスクがあります

歯を失うとさまざまなリスクがあります

歯を失ってしまった場合にはインプラント入れ歯、ブリッジといった補綴(ほてつ)治療で機能を回復する必要があります。三島駅近くの歯医者「MI総合歯科クリニック」では、それぞれの患者様に最適な治療法をご提案していますので、お気軽にご相談ください。

歯を失ったまま放置すると

「1本くらい平気だろう」と、欠損歯をそのままにしておくのは大変危険なことです。多くのリスクがあり、下記のように口腔内だけでなく身体全体に悪影響が及ぶ危険性もあります。そこで、すぐにインプラント・入れ歯・ブリッジで補うことが大切です。

咬み合わせの悪化 欠損歯の両隣の歯は支えを失いますので、次第に空いたスペースに歯が傾いてしまいます。また、咬み合う歯が伸びてくるといった問題も考えられ、歯並びが悪くなり、咬み合わせのバランスが崩れる危険性があります。
虫歯・歯周病リスク 咬み合わせや歯並びが悪くなると、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなり、ブラッシングもしにくくなります。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。
見た目が悪くなる 歯を失えば見た目が悪くなってしまいます。そのせいで大きく口を開けられなくなり、気持ちが落ち込んでしまうこともあるでしょう。また、奥歯を失うと頬や顎の輪郭が内側に寄り、頬がこけたり顎がたるんで見えたりしてしまう場合もあります。
胃腸への負担・口臭 食べ物を咬み切ったり、咬み砕いたりすることができなくなります。また、咀嚼(そしゃく)不足は唾液の分泌量を減らしますので、消化が悪くなって胃腸への負担が増加。また、唾液不足は口臭の原因ともなります。
脳への刺激低下 咀嚼(そしゃく)は脳に刺激を与え、老化防止にも効果があります。そのため歯を失ってしまうと、老化を進めてしまうこともあります。
正しい発音ができなくなる 欠損歯の部分から空気が漏れると正しい発音に支障をきたします。そのせいで、会話を楽しめなくなることも考えられます。

自分の歯のように咬める「インプラント」とは

自分の歯のように咬める「インプラント」とは

インプラントとは、顎の骨にボルト状のチタン製人工歯根を直接埋入し、そこに人工歯を装着する補綴治療です。見た目が良く、装着感や咬み心地に優れているなど多くのメリットがありますが、自費診療のため費用が高いといったデメリットもあります。

当院はインプラント専門医が対応いたします

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 安定した咬み合わせが実現できる
  • 天然歯のように美しい見た目が手に入る
  • 快適な咬み心地を取り戻せる
  • ケアとメインテナンス次第では半永久的に使用が可能
  • 自費診療となるため比較的費用が高額
  • 全身疾患をお持ちの方、また妊娠中の方は治療が行えない場合がある
  • 入れ歯治療と比較して治療期間が長い

当院のインプラント治療 8つのポイント

1
骨が少ない方でも安心な「オステオプレッシャー」
2
安全性の高い治療法「ソケットリフト」で負担を最小限に
3
治療期間を短縮「薄膜HAコーティングインプラント」
4
治療後までアフターフォロー「インプラント保証制度」
5
安心・安全な治療を心がける「インプラント専門医」
6
メリット・デメリット・費用面などの不安を解消「丁寧な説明」
7
綿密な検査でより精度の高い治療「歯科用CTによるシミュレーション」
8
清潔で安全な専用治療室で手術「徹底した滅菌環境」

歯槽からのアプローチ方法

歯槽からのアプローチ方法

従来のインプラント手術では、多くの骨を削らなくてはいけませんでした。また、インプラントを固定するためには十分な骨量が必要だったため、少ない場合は骨を増やしたり、移植したりする必要がありました。

そこで当院では、低侵襲のインプラント手術を行うためにプラトンジャパンと水口稔之先生が開発した器具「オステオプレッシャー」を活用しています。オステオプレッシャーは骨を削らず、骨を押し広げてインプラントを埋入するための穴を作ることができます。そのため、これまではインプラント手術ができなかったような細い骨にもインプラント埋入が可能。これによって、骨の幅が少ない場合でも安全で確実、かつ短時間でインプラント治療が実現できるようになりました。

また、ソケットリフトは侵襲が大きく、術後の腫れも大きくなってしまいます。そこで当院では、オステオプレッシャーを用いた、お身体に負担の少ないインプラント治療をご提案しています。

ほとんど骨を削らずインプラントを入れられる!
  • ほとんど骨を削らずインプラントを入れられる!1
  • ほとんど骨を削らずインプラントを入れられる!2
  • ほとんど骨を削らずインプラントを入れられる!3

従来の骨を沢山削る手術と違い、オステオプッシャーは、骨を削らずにインプラントを入れるための穴を作ります。その名の通り骨を押すのです。そのため、安全性が高い手術になります。

簡単に骨を増やせる

簡単に骨を増やせる

細い骨を太くする事が出来ます。
従来の削る手法では、骨は少なくなるだけでしたが、オステオプッシャーは削らず骨を押し広げるため、細い骨でも太くなります。

足りない骨を造成するインプラント治療

インプラント治療を行うためには、人工歯根を埋め込めるだけの十分な顎の骨量が必要です。しかし、もともと顎の骨が薄い方、また歯周病によって顎の骨が吸収されてしまった場合には骨造成治療を行う必要があります。当院では、患者様のケースにあわせて以下のような処置を行い、安全なインプラント治療を実現しています。

骨の幅が5mm未満の場合に用いられる治療法です。歯ぐきの横方向から穴を開け、上顎洞粘膜を押し上げたすき間に自家骨(身体から採取した骨など)もしくは人工骨を挿入。これによって治療に必要な骨量を確保します。
安全なソケットリフト 安全なソケットリフト
安全なソケットリフト
従来の上顎の奥にインプラント体を埋入する場合、入院して腰から骨を移植したり、そこまでしなくても、ハンマーの様な器具で骨を叩いたりする重い手術でした。それが、オステオプッシャーによって、より低侵襲に手術が出来るようになりました。
GBR法 GBR法
GBR法
歯周病が原因で失ってしまった顎の骨の再生を目的に行われるのがGBR法です。骨量が少ない箇所へ骨補填剤を埋入し、メンブレンを入れて歯ぐきの侵入を遮ります。インプラント手術の前、最中どのタイミングでも行うことができます。

静岡ではまだまだ少ないインプラント専門医が担当いたします!

当院インプラント担当医

当院の理事長は、「水口インプラントセンター新宿」の理事長として長年インプラント治療を行ってきたスペシャリストです。静岡では数少ない「日本インプラント臨床研究会認定会員」「日本口腔インプラント学会専門医」であり、「ICOI 認定医」「国際口腔インプラント学会認定医(ISOI認定医)」といった資格を持っています。また、インプラント学会の専門歯科衛生士も常駐しており、安全で確実なインプラント治療を実現します。

近年ではインプラント治療を行っている歯科医院も増え、虫歯や歯周病、また事故などで歯を失った場合の選択肢として定着しています。しかし、インプラントは高い技術が必要な治療です。そこで常に最新のインプラント治療を学び、また実践している経験が必要。

私たちは、これまでに数多くのインプラント治療を実践し、学会やインプラント専門誌などで発表を行ってきました。また、患者様に信頼していただけるように、日々技術と知識を蓄積しています。「インプラント治療に対して不安・恐怖がある」「骨が細くてインプラント治療ができないと診断された」「入れ歯が合わずに食事が楽しめない」「失った歯を蘇らせたい」などのお悩みのお持ちの方は、まずは当院にご相談ください。皆様のお悩みを解消するために、最良の治療法をご提案いたします。

インプラント埋入後のメインテナンスが大切です

インプラントはケアとメインテナンスをしっかり行うことで、半永久的に使用できるという特徴があります。しかし、ケアを怠るとせっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうこともあるので注意が必要。特にインプラント周辺に発生する「インプラント歯周炎」には気を付けましょう。インプラントは人工素材ですので虫歯などにはなりません。しかし、埋め込まれたご自身の身体には、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

いつまでも快適にインプラントを使用し続けるためには、まずは毎日のブラッシングといったセルフケアが重要。そして、歯医者による定期検診やクリーニングといったメインテナンスも併せて受けるようにしましょう。当院が患者様のインプラントを日本口腔インプラント学会のインプラント専門歯科衛生士がメインテナンスし、末永くお守りいたします。

当院のインプラント治療は10年保証です

インプラント保証

当院はガイドデントのインプラント10年保証の認定を受けた医療機関です。
この認定医療機関にて受けられたインプラント治療を10年間、事故や問題に対し、再治療の保証が受れられます。
万が一、患者様が転居となった場合も認定医療機関のネットワークにより、転居先での保証が可能です。
また、10年保証を受けていただくためには定期メインテナンスの受診が必須となります。

インプラント10年保証の詳細については株式会社ガイドデントホームページをご確認ください。
http://www.guidedent.net/
guidedent

インプラント治療料金表

CT、パノラマ検査費
(※外部持ち出しの場合は20,000円)
10,000円
インプラント体(手術費、投薬込み) 1本 280,000円
上部構造(オールセラミックスクラウン、オールジルコニアクラウン) 100,000円
骨造成(サイナスリフト、ソケットリフト、GBR) 50,000円~
仮歯 1本 10,000円
追加の投薬 5,000円~
磁性アタッチメント(1個) 100,000円
マグネットデンチャー(磁性アタッチメント最大2個付) 350,000円
インプラントメンテナンス 5,000円

※表示価格は税抜きです

入れ歯・ブリッジ治療について

歯を失ってしまった場合の治療法はインプラントだけではありません。入れ歯(義歯)やブリッジといった治療法も選択肢としてご検討いただけます。当院では、患者様それぞれのご要望をお伺いし、もっとも適した治療をご提案いたしますので、お悩みやご希望などがありましたら、遠慮なくお伝えください。

ブリッジ

ブリッジ

欠損歯の両隣の歯を削り、それを支えとして被せ物を装着するのがブリッジという治療法です。安定感や咬み心地に優れており、保険も適用されることから経済的なメリットもあります。ただし、健康な歯を削らなくてはいけなかったり、被せ物部分が虫歯になりやすかったり、欠損歯の顎の骨が衰えやすかったりといったデメリットもあります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯(義歯)は、お口の中の多くの歯を失ってしまった場合に効果的な補綴(ほてつ)治療です。自費診療なら見た目や咬み心地に優れた入れ歯をつくることができますが、費用は高くなります。逆に保険適用の入れ歯は費用を抑えられますが、異物感やズレ、目立ちやすいと言ったデメリットがあります。

入れ歯(義歯)料金表

マグネットデンチャー(マグネット最大2個付) 350,000円
マグネット1個 100,000円
シリコンデンター 150,000~300,000円
金属床 150,000~350,000円

※表示価格は税抜きです