あごが痛い・咬み合わせが気になる~口腔外科~

  • ホーム >
  • あごが痛い・咬み合わせが気になる

口腔内のお悩みについて何でもご相談ください

口腔内お悩みについて何でもご相談ください

三島駅近くの歯医者「MI総合歯科クリニック」の口腔外科では、顎関節症睡眠時無呼吸症候群、そのほかお口まわりの怪我等、さまざまな症状に対応しています。また、特別な治療や手術が必要な場合は、適切な専門医療機関へのご紹介も行っておりますので、まずは当院までご相談ください。

顎関節症治療について

顎関節症治療について

顎関節症とは顎の筋肉の痛み、関節の音や機能障害を主な症状とする慢性疾患全体を指します。原因ははっきりとはしていませんが、頬杖などの癖や柔食化(やわらかい食べ物が多い食生活)など、生活習慣が影響していると言われています。

TCH(歯列接触癖)や歯ぎしりが顎関節症を招く?

TCH(歯列接触癖)や歯ぎしりが顎関節症を招く?

TCHとは、起床中であっても無意識に上下の歯を接触させてしまう癖のことです。本来人間の歯というのは、唇を閉じただけでは咬み合いません。しかしTCHになると、口を閉じた状態で自然に歯が咬み合い、歯ぎしり同様に歯を傷つけたり、顎に負担をかけたりしてしまいます。このような状態が続けば顎の筋肉だけでなく、顎関節が緊張することで血行も悪くなります。こうしたことが原因となり、顎関節症が発症する可能性があるのです。

ご自身でできる、顎関節症チェックシート

最近大きなストレスを感じた 寝ている時に歯ぎしりをしていると言われた 頬杖をよくついてしまう
頬杖をよくついてしまう 寝るときはほとんどうつ伏せだ 食べ物を片側の顎ばかりで咬んでしまう
歯並びや噛み合わせが悪い うつ病をわずらっている 不眠症だ
姿勢が悪い、猫背気味だ 仕事に大きなプレッシャーがある 食事や会話で顎に疲れを感じる
顎を動かしたときに痛む 物を咬むと耳のまわりが痛む 大きくあくびができない
縦に3本重ねた指が口に入らない 咬んだときに耳の周辺がシャリシャリという 頭痛、肩こりに悩まされている
3つ以上ある方はご注意ください

上記のチェック項目はいずれも顎関節症によって引き起こされる症状です。そのため、3つ以上当てはまっている場合には治療が必要になるかもしれません。

少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください

顎関節症は初期の段階で治療を行えば、比較的簡単な治療のみで改善が期待できます。口腔外科というと大学病院など、大きな医療機関の範疇のように感じられるかもしれません。「大きな病院に行くのは気後れする」という方にこそお越しいただければと思います。

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは名前の通り、寝ているときに呼吸が止まってしまっている症状のことを指します。問題点としては呼吸ができなくなり、脳に酸素が行き渡らなくなってしまうこと。酸素不足となった脳は呼吸をするために一時的に覚醒するよう命令を出します。これが一晩に何百回と繰り返されると睡眠不足になり、日中に眠たくなったり、そのほかさまざまな病気につながったりという危険性があります。

主な症状と合併症

主な症状 合併症
  • いびきが大きい
  • 昼間にひどい眠気に襲われる
  • 就寝中に動きまわり落ち着かない
  • 夜間に尿の量、回数が増える
  • 朝起きた時に頭痛がある
  • 性格に変化が見られる
  • 夜間に窒息感や息切れが起こる
  • 性機能の低下
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 肺高血圧

当院で行う治療法について

マウスピース(口腔内装置)

マウスピースによって下顎を前に出し、睡眠中に気道が閉じられないようにする治療法です。患者様への負担が少なく、出先にも持ち歩けるという特徴があります。マウスピースには、保険診療の「一体型」と自費診療の「分離型」の2種類があります。マウスピースは患者様一人ひとりに合わせて製作するので、まずはお気軽にご相談ください。

一体型 分離型(ソムノデント)
従来からあるタイプのマウスピースです。上下がつながっているので、装着中に会話をしたり、お水を飲んだりすることはできません。保険適用なので、費用面での負担は少なくなります。 上下が分割したタイプのマウスピースです。装着したまま会話ができ、飲み物を飲むこともできます。また、装着時の違和感も少なく、就寝中にお口が開いてしまっても、いびきを抑制する効果があります。分離型は保険適用外となります。