正しい歯医者の選び方

  • ホーム >
  • 正しい歯医者の選び方

コンビニより多い歯科医院の正しい選び方とは?

コンビニより多い歯科医院の正しい選び方とは?

現在、日本には約68,000軒の歯医者があるそうです。この数はコンビニの約2倍。そのため、患者様の中には「どの歯医者に行けばいいのかわからない」という方もいらっしゃるはずです。こちらでは、三島駅・下土狩駅から車で3~5分の歯医者「MI総合歯科クリニック」が考える、歯科医院の選び方をご紹介したいと思います。

歯医者選び8つのポイント

残念ながら、世の中には良い歯医者と悪い歯医者が存在しています。こちらでは、当院が考える歯医者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

1 治療方針・方法をしっかり説明してくれるか?

Point1  治療方針・方法をしっかり説明してくれるか?

歯科医院は医療機関です。そのため、患者様に対して治療の目的や手段などを正確に伝える義務があります。治療・処置内容についてくわしく説明をしてくれない、また勝手に治療を進めてしまうような歯医者はやめておいたほうが良いでしょう。

2 経験にもとづいた説明ができているか?

Point2  経験にもとづいた説明ができているか?

治療法などを説明する際に、経験にもとづいたうえでの解説を行ってくれる歯科医師は信頼が置けると言えます。歯医者の腕はどれだけ多くの患者様と向き合ってきたかに左右されるもの。実績の多い歯科医師はそれだけ腕も確かです。

3 歯科医師自らがカウンセリングを行っているか?

Point3 歯科医師自らがカウンセリングを行っているか?

実際に治療計画を立て、治療を行うのは歯科医師です。当然、カウンセリングも医師本人が行わなくてはなりません。しかし中には、歯科衛生士などが簡単な質問をするだけの歯科医院もあるそうです。こうした歯医者では、患者様・医師ともに説明不足に陥りやすいので注意が必要です。

4 幅広い治療内容を提案してくれるか?

Point4 幅広い治療内容を提案してくれるか?

たとえば自費診療を強くすすめてくるような歯医者には注意が必要です。自費診療は機能的にも審美的にも優れてはいますが、費用が高額となりがちです。こうしたデメリットについても丁寧に説明を行い、さらにいろいろな治療方法を提案してくれる歯医者は信頼しても大丈夫でしょう。

5 治療後のケアについても説明してくれるか?

Point5  治療後のケアについても説明してくれるか?

歯科治療は、治ったら終わりではありません。治療後の経過を見守り、再発などを防止することが非常に重要です。そのため、治療後の定期検診やメインテナンスについてしっかり説明を行う必要があります。

6 待ち時間は長くないか?予約制をとっているか?

Point6  待ち時間は長くないか?予約制をとっているか?

あまりに待ち時間が長い歯科医院は、患者様の診療に時間をかけていない可能性があります。予約制を採用し、余裕を持って治療を行っているような歯医者のほうがしっかりとした治療を受けられる可能性が高いでしょう。

7 衛生管理が行き届いているか?

Point7  衛生管理が行き届いているか?

減菌されていない診療器具を使っているような歯科医院は医療機関として失格です。すべての医療器具の減菌はもちろんのこと、コップやエプロンを使い捨てにしたり、歯科医や歯科衛生士がゴム手袋を着用したりしているところを選ぶようにしましょう。

8受付の対応は気持ちが良いか?

Point8 受付の対応は気持ちが良いか?

歯医者は通いやすさも重要です。そのため、受付での対応が悪いとそれだけで足が遠のいてしまうもの。患者様を大切にし、気持ちの良い対応をしてくれるようなところを探すようにしましょう。

良い歯医者と出会うために 

良い歯医者と出会うために 

ここまでは「良い歯医者」の条件などについて説明をしてきましたが、もっとも大切なのは「ご自身にとって最良な歯医者はどこか?」ということです。それを見極めるためには、患者様自身によるインターネットなどを使った情報収集が不可欠です。それぞれの歯科医院のホームページなどを見ながら特徴を捉え、自分に合っているかを考えてください。実際に受診してみて「違うな」と思ったらセカンドオピニオンなども積極的に利用しましょう。

>> 当院のセカンドオピニオンについてはこちら