子どもの歯を守るためには

  • ホーム >
  • 子どもの歯を守るためには

お子様の歯を守るのは親御様の役目です

お子様の歯を守るのは親御様の役目です

子どもの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて虫歯になりやすいといった特徴があります。親御様の中には「どうせ抜けるから大丈夫」といって放置してしまう方もいらっしゃいますが、乳歯には永久歯が正しく生えそろうためのガイド的な役割があり、乳歯に問題があると歯並びが悪くなることがあるのです。また乳歯が虫歯になると、永久歯も虫歯になりやすくなると言われています。

子どもは自分自身ではお口の健康を守れません。そのため、親御様がしっかりとサポートしてあげることが大切です。三島駅・下土狩駅近くの歯医者「MI総合歯科クリニック」が一緒にお手伝いいたしますので、お子様に歯が生えはじめましたらぜひ一度お連れください。

MIフェスティバル

定期的に母親教室や患者教室を無料で開催し、地域の皆様に正しい歯の知識をお伝えしております。

  • Pickup MIフェスティバル
  • Pickup MIフェスティバル
  • Pickup MIフェスティバル

子どもを虫歯にさせないためのポイント

1 歯が生えはじめたら歯医者へ

Point1  歯が生えはじめたら歯医者へ

生後7~8ヵ月頃、赤ちゃんに歯が生えはじめます。そして、歯が生えるということは虫歯になる可能性が出てきたということです。そこで小さい頃から歯医者に慣れさせるため、この時期になりましたら一度当院までお連れください。

2 食後のブラッシングと口ゆすぎを習慣化しましょう

Point2  食後のブラッシングと口ゆすぎを習慣化しましょう

食事やおやつの後には、必ずブラッシングをする習慣を覚えさせましょう。外出先などでブラッシングが難しい場合は、口ゆすぎだけでも十分効果があります。小さい頃から習慣化しておけば、将来的な口腔内環境の維持にも有効です。

3 おやつの時間を決めておく

Point3 おやつの時間を決めておく

おやつを長時間かけて食べる”だらだら食べ”は、お口の中を酸性にし続けてしまうため虫歯のリスクが高くなります。「おやつは○時~○時まで!」としっかり決めることが大切です。おやつの後はもちろん、ブラッシングや口ゆすぎもお忘れなく。

おやつ選びも工夫しましょう 

おやつ選びも工夫しましょう

小さなお子様にとって、おやつも重要な栄養源のひとつです。しかし、スナック菓子や甘いチョコレートばかり与えていると虫歯のリスクが高まりますし、肥満の原因にもなってしまいます。そこでおやつには野菜や果物、乳製品といった虫歯になりにくい食品を選んであげてください。

また、シュガーレスやキシリトールが入ったガムなどもオススメ。特にキシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を抑える働きがあるため、虫歯予防にも効果的です。甘い物を食べた後などにキシリトールガムを咬むことで、唾液が分泌されてお口の中が再石灰化を促すといった効果も期待できます。

生まれたての赤ちゃんに忍び寄る「家庭内感染」

Pickup 生まれたての赤ちゃんに忍び寄る「家庭内感染」

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は清潔で、虫歯菌は存在していません。ではどこから菌がやってくるのでしょうか? 実はまわりの大人のお口からやってくるのです。特に一緒にいる時間の長いお母さんから感染することが多く、「母子伝播」とも呼ばれています。

こうした家庭内感染を防ぐためには、赤ちゃんとの接し方などに注意が必要です。スプーンやお箸などは専用のものを使い、キスなどのスキンシップも禁物。また、大人の食べかけを与えるのも良くありません。

そしてもっとも重要なのは、周囲の大人が常に清潔な口腔内環境を保つことです。赤ちゃんを虫歯から守るためには、ご自身やご家族の予防意識が重要なのです。

子どもの歯を守るための処置メニュー

当院で行っている小児歯科用の処置メニューをご紹介します。また、お子様が歯医者嫌いにならないよう、親御様にご注意いただきたいポイントについてもまとめました。

ブラッシング指導 歯科衛生士がお子様に合わせて最適なブラッシングの方法を指導いたします。
シーラント 虫歯になりやすい奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋め、虫歯を予防します。
フッ素塗布 歯質を強化する効果のあるフッ素を塗ります。特に乳歯や生えたての永久歯に効果的な予防処置です。

お母さん、お父さんに気を付けてもらいたい7つのポイント

1 歯医者にネガティブなイメージを持たせない

Point1  歯医者にネガティブなイメージを持たせない

お子様を叱るときなどに、「悪いことをしたら歯医者に連れて行くよ!」といった言葉を使われる方がいらっしゃいますが、これではお子様に「歯医者は怖いところ」という悪いイメージを植え付けてしまいます。歯医者に行くことが罰となるような表現は控えましょう。

2 歯医者に行くときに、「何もしないよ」といった嘘はつかない

Point2  歯医者に行くときに、「何もしないよ」といった嘘はつかない

「歯医者さんにお口の中を診てもらうだけだよ」と言われたのに、実際には治療を受けさせられたら、お子様は親御様に対して「嘘をつかれた」と感じてしまいます。そんな不信感から歯医者嫌いになってしまうことがあります。お連れいただく前に「予防や治療の大切さ」や「歯医者ですること」を正直に伝え、納得してもらってからご来院ください。

3 歯医者に行く予定は数日前から伝えておく

Point3 歯医者に行く予定は数日前から伝えておく

「今日は歯医者に行くよ!」と突然言われても、お子様には心の準備ができていませんし、そんな状態で診療を受けても身構えてしまいます。そこで歯医者へ行く予定はあらかじめ伝えておき、カレンダーなどに書き込み、心の準備をする時間をつくってあげましょう。

4 親御様が不安なそぶりを見せない

Point4  親御様が不安なそぶりを見せない

治療を受けているとき、親御様が不安そうにしていれば、お子様に緊張が伝わってしまいます。お子様が治療を受けているときには、親御様がリラックスして手本になることが大切です。

5 元気なときに歯医者に連れて行く

Point5  元気なときに歯医者に連れて行く

お子様が眠いとき、またお腹が減っている時間帯の通院は避けましょう。不機嫌な状態で診療を受けると、泣いたり暴れたりしてしまう可能性が高まります。普段の生活から機嫌が良く、元気な時間帯を選んで歯医者までお連れください。

6 「痛くない?」と質問しない

Point6 「痛くない?」と質問しない

ついつい不安になって「大丈夫? 痛くない?」と聞いてしまいがちですが、「痛い」という言葉は禁句です。「痛い」という単語を耳にすると、多くのお子様は必要以上に痛みを感じてしまうことがあります。親御様は頑張っているお子様を温かい目で見守ってあげてください。

7 治療後はしっかり誉めてあげる

Point7 治療後はしっかり誉めてあげる

治療が終わった後は、「よく頑張ったね! えらい!」と目一杯お子様を誉めてあげてください。そうすることでお子様の自信につながり、また歯医者に行こうという気になってもらえます。

当院はキッズスペースをご用意しています
当院では小さなお子様が楽しく通院できるよう、キッズスペースをご用意しております。絵本やおもちゃなどがありますので、待ち時間に退屈することもありません。

妊娠中の歯科治療~マタニティ診療(歯科治療)~ 

妊娠中の歯科治療~マタニティ診療(歯科治療)~ 

妊娠中のお母さんの身体は非常にデリケートです。ホルモンの分泌などによって多くの変化があらわれ、虫歯・歯周病のリスクが高まることもあります。そのため、妊娠5~7ヵ月くらいの安定期のタイミングで一度、歯科医院での定期検診を推奨。当院は産婦人科との連携により、安心・安全の処置・治療を実現しています。元気な赤ちゃんを産むためにも、ぜひ当院のマタニティ診療(歯科治療)をご活用ください。

妊婦さんのお口の中に起こる変化

味の好みが変わる 妊娠中は食べ物の好き嫌いが激しくなるなどの変化が見られます。このときに、甘い物を食べ過ぎると虫歯のリスクが高まるので注意しましょう。
食生活の乱れ つわりがひどい場合、食事のタイミングなどが乱れることがあります。食べられるときにだけ食べるといった食生活は、口腔内を不衛生にしがちです。
唾液の質が変化する 妊娠をすると唾液の分泌量が減る傾向にあります。これにより口腔内が酸性になりやすく、細菌が繁殖しやすい環境を生み出してしまいます。