歯を白くする前に!

ホワイトニング・メタルフリー治療はお口の健康と併せて考えましょう

ホワイトニング・メタルフリー治療はお口の健康と併せて考えましょう

歯を白くするホワイトニング審美素材(セラミックなど)による補綴治療は、あくまで歯科治療の中の一部です。お口の中を健康にし、それに加えて見た目も良くするというのが本来の目的。そのため、歯を白くする前には口腔内トラブルを取り除いておくことが重要です。こちらでは、三島駅・下土狩駅から車で3~5分の歯医者「MI総合歯科クリニック」がホワイトニング・メタルフリー治療の前に行っておくべきチェック・治療についてお伝えします。

歯を白くする前に終えておくこと~まずはお口の健康のチェックから~

歯を白くする前に終えておくこと~まずはお口の健康のチェックから~

ホワイトニングやメタルフリー治療を行う際は、先に口腔内のチェックを行いましょう。小さな虫歯や歯周病の初期症状などが見られる場合には、これらの治療が先決になります。口腔内にトラブルを抱えたままでは、せっかく歯を美しくしても問題が発生する可能性があるからです。また、虫歯や歯周病を放置し、進行すれば最悪の場合”抜歯”という事態につながりかねません。美しい口元をつくるためには、まず健康な口腔内を維持することから始めましょう。

プラークコントロールでホワイトニング・メタルフリー治療の前準備
ホワイトニング・メタルフリー治療を検討されている場合、まずはご自宅でのプラークコントロールから始めましょう。丁寧なブラッシングはもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロスなども使い、歯垢(プラーク)をしっかり管理(コントロール)し、お口の中を清潔に保つことが大切。また、ご自宅では取り切れない歯垢は、歯医者でのクリーニング(PMTC)がオススメです。ご自宅と歯医者でしっかりと口腔内の健康を維持し、ホワイトニング・メタルフリー治療の準備をしましょう。

歯を白くした後のメインテナンス 

歯を白くした後のメインテナンス

ホワイトニングは、一度だけではその白さを維持することができません。美しい状態を保つためには継続することが重要です。また、お口の健康を守るために、定期検診やメインテナンスも積極的にご利用ください。セラミックなどを使ったメタルフリー治療も同様です。せっかく白く美しい審美素材を使っても、ケアを怠れば問題が発生することもあります。ホワイトニングやメタルフリー治療は一時的ではなく、継続的に実施することが大切です。