歯石除去の練習

歯石除去の練習

鈴木学園の実習施設に認定されておりますMI総合歯科クリニック 主任歯科衛生士の岩本です。

以前のブログでもお伝えした通り、当院は鈴木学園の歯科衛生士科の臨床実習施設に認定されています。10月から2名の学生が毎日一生懸命実習に臨んでいます。みなさんも初々しい彼女たちを見かけたら励ましの声をかけてあげてください(^-^)

今日は実習生に歯石除去に使うスケーラーという器具について説明と実習を行いました。スケーラーにも種類がたくさんあり、歯石の形状や質に合わせて器具を使い分けて行く必要があります。今日は超音波スケーラーという機械の説明とチップの選択や動かし方について実習を行いました。うずらの卵を使って歯面を傷つけないように歯石を取る練習です。チップの当て方は適切か?動かし方は…もっとゆっくり。フェザータッチとはどれくらいの力加減か?あっ、卵の殻に穴が空いちゃったねー^^;当て方によって振動の伝わり方が違うというのも、スケーラーによってチップの当てる場所が違うことも楽しみながら学べたようです。

歯科衛生士は患者さんの口腔内を見てどのような器具をどういう風に使えば一番効率よく痛みなく歯石が取れるかを瞬時に判断して治療に当たっています。たくさん練習を重ね、彼女たちが素晴らしい歯科衛生士になることを願っております☆

当院では現在歯科衛生士の求人を行なっております。新卒の方、ブランクのある方でも丁寧に研修を行いますので安心してご連絡ください!

  • 歯石除去の練習
  • 歯石除去の練習