口腔内の変化

口腔内の変化

こんにちは、長泉にありますMI総合歯科クリニック歯科衛生士の佐藤です(^^)

 

今日は11月の初診から治療が終わるまで通っていただいた20代男性の大学生のお口の中をご紹介します。

11月に定期検診・歯のクリーニングが希望で来院されました。ご本人は特に気になるところもなかったのですが、お口の中を見てみると虫歯がいくつかあり、またプラークコントロールもあまりよくなく歯肉炎の状態でした。

 

虫歯が多いということから唾液検査をし、今のお口の中の状態を把握していただきました。ブラッシング指導・食事指導を徹底的に行い、今まで使っていなかったフロスの指導も行いました。

 

数日後、お口の中のプラークコントロールはとても良好になり、『歯ブラシするのが楽しくなった』とおっしゃっていました(^^)患者様のモチベーションが上がることはとても嬉しいです。

 

 

また虫歯の治療はご両親と相談の上、セラミックのメリットを理解して頂き、すべてセラミックで行いました。

セラミックは自費治療なので、決して安いとは言えません。そのため、また虫歯にならないようにと家では歯磨き・フロスを徹底的におこなっているとおっしゃっていました。お口の中を見てみると、初診時と比べ、磨き残しも減り綺麗な状態でした(^^)

 

これが初診時と治療後の比較写真です。

  • 口腔内の変化
  • 口腔内の変化
  • 口腔内の変化
  • 口腔内の変化
  • 口腔内の変化
  • 口腔内の変化

4月から社会人になられるので、実感の茨城に帰られました。定期的にお口の中をチェックできないのはとても残念ですが、今のセルフケアの状態を見ると安心することができます!(^^)!

4月から社会人、新たな環境になりますが、静岡からスタッフ一同応援しています。頑張ってください( ^^)