POICウォーターでブラッシング…

POICウォーターでブラッシング指導しました

こんにちわ。三島駅近くにありますMI総合歯科クリニック主任歯科衛生士の岩本那奈です。

昨日のブラッシング指導の様子です。40代男性、一日二回のブラッシングと夜にフロスを使用していますが、全体的にべたべたとしたプラークが残っています。そこでPOICウォーターを使用してブラッシング指導を行いました。

POICウォーターとはタンパク除菌型機能水ともよばれ、お口の中に含み20秒ぶくぶくうがいをするとプラーク中のたんぱく質を分解し、殺菌する、非常に殺菌力の強いうがい薬です。

プラークとは歯垢、バイオフィルムとも呼ばれ、歯の表面に付着している、白色または黄白色のネバネバした物質で、虫歯や歯周病の原因になります。1mgには10億個以上の細菌が存在しています。時間がたつと唾液中のリンやカルシウムが沈着し、石灰化して歯石になってしまうと自分では取れなくなってしまいます。プラークを除去する一番の方法はブラッシングでこすり落とすことです。

しかし、バイオフィルムのように膜を張ってしまうとうがい薬の成分が中まで浸透せず殺菌できなかったり歯ブラシが届きにくい部分にはプラークが残ってしまいます。

そこで、このPOICウォーターをブラッシングの前に使用すると、プラークのタンパク質を分解、殺菌し、浮かせてブラッシングでプラークを除去しやすくなります。

ブラッシング前にプラークを染め出してみました。赤く染まっているのが磨き残しです。

  • POICウォーターでブラッシング指導しました

まずは普通に2分間ブラッシングしてもらいました。表面はたいぶ落ちているように見えますが、歯の裏側や銀歯の周り、歯と歯のあいだにはまだまだ残っています。

  • POICウォーターでブラッシング指導しました

POICウォーターで20秒うがい後、口に含んだまま2分間ブラッシングをしてもらいました。歯の裏や銀歯の周りも非常に綺麗に落とすことができました。その後、術者磨きをしてまだ残っている部分をブラッシングし、歯ブラシで取りきれない部分はPMTCで綺麗にクリーニングしてプロケアの大切さも実感していただきました。

POICウォーターは汚れが強いほどプールの水のような味がします。味がマイルドに感じてきたらお口が綺麗になってきた目安です。患者さんにもお口がスッキリした。歯がツルツルしていると言っていただきました。

プラークの性状や厚み、硬さ、量も人それぞれなので、歯医者に行くたびに磨いているのに磨き残しを指摘される人は、一度いらして歯科衛生士に口腔ケアのアドバイスをもらってみてください(*^^)v

  • POICウォーターでブラッシング指導しました

PRINT MAP